「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

MAYA パレンケ

 

MAYA キチュ族には天地創造の伝説を書いた

「ポポル ヴフ」という本があるらしい。

その「ポポル ヴフ」という本はこんな感じで始まるらしいです。

c0228101_13384767.jpg


「初め、全ての物は宙に浮き、全ては穏やかで、何の音もなかった。

動くものは何もなく、静かで、大空には何もなかった。」

そんな時、テペウとグクマッツという2人の神様は大地を創り、

山や谷を創った。次に動物や鳥が作られ、やがて人間の番になる。

神様は初めての人間を土や泥で創ってみたがうまく行かなかった。

「あかん、歩くことも子供を産む事もできへんやん。失敗やな、やり直しや♪」

っと土や泥で出来た人間を壊してしまった。

c0228101_13493214.jpg


そして次の人間は木で創られた。 木で創られた人間は、

言葉を話す事も出来、子供も創った♪

でも魂がなく、神様をリスペクトしなかった。

神様は、

「また失敗やん♪」

っと大洪水を起こし、木の人間を壊してしまった。

c0228101_13553616.jpg


「今度こそ♪」

っと神様は男性をツィテという豆の一種で創り

女性を藺草の様な物で創ってみたが、

考える事も神様と話す事もできない。

神様は

「また失敗やーん♪ 人間はむずかしなー♪」

っと昼も夜も黒い雨を降らせまたもや人間を壊してしまった。

そして、神様は「今度こそーーーーー♪」

っと次の人間を黄色と白のトウモロコシから4人創ることにした。

その4人の人間は知恵があり、世界の隅々まで観る事が出来た♪

そして、トウモロコシから出来た人間は神様をリスペクトした

神様は「やったー♪ やったぁーよー♪ついに素晴らしい人間を創れた」

っと喜んだが、トウモロコシから出来た人間は完璧すぎて神様は

「人間は人間であるべきで、神と同じやったらちょっとあかんやろー」

っと人間の目に霧を吹きかけ近くしかよく見えないようにした。

こうして4人の人間は知識と知恵を失った。

c0228101_142251.jpg


っとこんな事が書かれているらしいです。

みなさんはどう思いますか?

僕は素直にこう想いました♪

近くしか観えないなら近くに行けばイイだけやし♪

生きてる間にそれぞれのスタイルにあった知識や知恵は身につくやろうし、

僕たちはかなり贅沢です♪ 最高です♪

そして、そんなロマンあふれるMAYAが僕は大好きです。

c0228101_14304331.jpg


そんなMAYA大好きな僕は

pueruto escondidoで知り合った

from 湘南 自由人moroさんと

同じくfrom 湘南 sad cafeというbarのオーナーdouzenさん

そしておなじみのkazuの4人で合計18時間バスに揺られ

MAYAの奇跡、パレンケに行ってきました。

c0228101_14341469.jpg


c0228101_14344777.jpg


パレンケはジャングルの中にあり、遺跡を歩くと想像力が大暴走し

大昔にタイムスリップしたような気分になります。

そして、夜は毎日LIVEがあり、ジャンべの音がジャングルに響き渡り

久しぶりの山の世界を懐かしく感じていました。

2泊の予定でだったのですが、

2日は一瞬で過去になってしまい

「あかん♪ 帰るの嫌や♪ みんな先に帰ってて」

っと1人パレンケに残る事にしました。

c0228101_14413931.jpg


遺跡もほんまに最高なんですが

僕はジャングルとキノコ、そして目には見えない何かに恋をしてしまいました。

MAYAの人達が神の子と呼んでいた毒キノコを食べて

夜中に1人ジャングルのわき道を歩くのにハマってしまったのです♪

そこにはホタルが輝き、聞いた事のない虫や動物の声、

ジャングルを抜ける風の音。 全てが最高で僕は1人で歩き

そして、気持ちのいい場所を見つけると15分ぐらい気配を殺し、耳を澄ます。

すると警戒していた色んな音が鳴り始め

僕は宇宙や地球と繋がってる。

もしくはこのでっかい宇宙の1部なんやとココロの底から

理解できる瞬間がたまに訪れるのです♪

c0228101_14524177.jpg


そんな瞬間、どう言葉で説明したらいいのか分からないが、

何か大切な事がわかった気にがする。 いつも集中力がなく

大自然や宇宙と繋がった気がする時間は短いのですが、それでも

この瞬間は僕の中ですごく謎めいていて神聖なものなんです♪

「たとえば寒い朝ベットから飛び起き外に出て温かい太陽を浴びる♪

そしてカラダの寒さを太陽が癒す」

その時の気持ちよさによくにている感じです♪

c0228101_1585998.jpg
 

何を言ってるのかだんだん分からなくなってきましたが

とにかくパレンケのジャングルや遺跡には特別な力があり

僕を離してくれないのです。 

その後、パレンケで知り合ったスペイン人やジャーマン人と

さらにバスで3時間ぐらいの場所に移動しMAYAの遺跡巡りをしていました。

c0228101_15165186.jpg


すっかりMAYAにハマってしまい、現在もまだサンクリストバルという場所にいます。

KAZUは元気でやってるのか? たぶん元気やろーなー♪

そろそろ僕も海が恋しくなってきたのでプエルトにもどろうかな?

それにしても僕は今すごく自由やなー♪

そしてMAYAから色んな事が繋がり

昨日、宮崎のCOMちゃんに話を聞いて興味をもった

EZLN「サパティスタ民族解放軍」のコミューンに行ってきました♪

全員覆面スタイルでかなり怖かったけど面接を受け

コミューンに入る許可をもらって中に入ってきました♪

また時間が出来たら詳しく書きます♪

では、では♪

最後まで読んでくれてほんまにありがとうございます♪

c0228101_15261955.jpg


みんなにイイ波、イイ音、イイ出会いが訪れますようにように♪

アディオース♪




                道なき森に愉しみあり、孤独な岸に観喜あり、
                誰もが邪魔せぬ世界は深い海と波の音のそばに
                我、人間よりも自然を愛する♪


                                  バイロン郷
[PR]

by flypan-tree | 2010-06-24 15:40 | Trip

Pueruto Escondido

 

隠された港と言う意味を持つ、Pueruto Escondido♪

緊張の1R目♪

波が小さくなった日。

チャンスは今日しかない。

スウェルが一瞬途切れた2日間。

c0228101_132916.jpg


前日、長い時間撮影してたので波はよくみていた。

なんとか1本ぐらいは乗れる気がした。

そして、1本ぐらいドロップしないとサーファーとしてださすぎる。。。。

そんな気もして

明日さらに小さくなりますようにと祈りながら1人テントで早寝しました。

そしてあんまり良く寝れず朝起きて海に向かうと

やったー♪昨日より小さい。。。。 これやったらイケる♪

そして実際パドルアウトすると

「小さくないやーん♪」

まだまだダブル近いセットが入ってくる。

ひたすら逃げ続け2時間ぐらいかかり1本ゲット

しかも何もせずこけないようにビーチを目指してただ耐えるだけ。

「無理や♪」っとため息をついてテントに逃げ帰り

kazuに行ってきたでーっと自慢♪

c0228101_154889.jpg


そして、これじゃダサすぎるっと

夕方もう1Rリベンジへ1人海に向かう。

しっかりメイクするまで絶対あがらへん

っと心に誓いパドルアウト。

1時間ほど経った頃たまたまセットが僕の所に

「GO GO♪」っとローカル

「まじっすかー♪」っと僕

行くしかないやーん♪


っと全力でパドルしたが

。。。。。やはり強烈にワイプアウト♪

ココロが折れそうになりながらもかろうじで

アウトに向かってパドルアウト♪

そして、運悪くセットが入りギリギリドルフィンでかわした

っと想った瞬間リップに入りSAYONARA♪

がっつり巻かれてココロもポキッとあっけなく折れてしまい

「無理やな♪」っとまたもやテントに逃げ帰り

かなり大げさですが生きてる実感をシトシトと感じました。

c0228101_2144879.jpg


そして次の日朝、リベンジのリベンジやーっと

海に向かうが、かなりサイズダウンし昨日のようなアグレッシブな波はなく

ホッとし、何本かの波に乗り、それでも波はハンパなくホレるし浅くてやばい。

もう完全に僕の負けです。すんません。 無理です。

もう少しコラソンを鍛えないとシカテラはダメですね♪

情けなくてすみません。

でも、でもプエルトにはもう1つ最高のブレイクがあるんです。

La puntaです。

c0228101_2263071.jpg


レフトのポイントブレイク。

かなり長いです。 グーフィーフッターのみなさん

checkです。 岩の横からのテイクオフは中々スリリングで気持ちいいです。

たまに岩の向こうから乗ってくるフリークもいます。

そしてインサイドに行くにつれ波は速くなりチューブになります。

c0228101_237348.jpg


3Rのシカテラアタックで少し度胸のついた僕は

ピークから波に乗りインサイドのチューブを狙って

毎日アドレナリンを大放出しています。

僕が送ってきた短いサーフィンライフの中では

5本の指に入るブレイクだと思います。

La punta♪ かなりいいです。

グフィーフッターのANIKIが見たら悔しがるやろーなー♪

c0228101_2515124.jpg


っとこんな感じで毎日、かなりクオリティーの高い波でサーフしています。

そしてCaliforniaでドーナツを食いすぎて太ったカラダもようやく

動けるカラダ、波乗り用のカラダへと変身しました。

ここからはかなりイイブレイクが待ってるみたいなので

すごく楽しみにしています。

c0228101_2574439.jpg



みなさんも最高な日々を送っていますか?

きっと幸せに満ちた最高の日々を送ってると思います♪

そして、日本も梅雨に入ったようですね。

こっちも毎日雨が降っています♪

あまり気持ちのいい事ではないですが、恵みの雨です。

感謝しないとダメですね♪



明日から僕達は5日間海から離れ

パレンケと云うマヤの遺跡に行ってきます。

ジャングルの中にある謎に包まれた場所らしいです♪

ではでは。 愉しい週末を♪



一緒に旅をしているKAZUもblogをやり始めたみたいです。

ぜひcheckして見てください♪
http://d.hatena.ne.jp/route-13/






                          シカテラ は もう イイ です♪
[PR]

by flypan-tree | 2010-06-16 03:19 | Surf

La Ticla

 

おはようございます♪

日本も夏が近ずいるようですね?

宮崎の方はもう海パンでサーフィン出来る頃ですよね♪

c0228101_2515164.jpg


僕は先週までLa Ticlaという場所でサーフしてたのですが。

この町は現在ハードな状況で治安も悪いです。

なのでブレイクはいつもほぼ貸切です♪

ほんとはレフトのブレイクが有名なんですが、先日のbig swellで

砂がとれて、ライトの方がよかったです。 

Swellもなく毎日頭ぐらいしかサイズはなかったのですが

パワーはかなりありテイクオフはかなり気持ちいいです♪

雨が降ってラグーンが開けばまたレフトがよくなるはずなんですが、

この1ヶ月間、雨季のはずなんですがまったく雨が降ってないんです♪

いつになったら雨は降るのだろうか?
 
c0228101_34080.jpg


La Ticlaという町はメキシコの先住民が暮らしていて

噂によると小人や魔女がでるとか、でないとか♪

そしてやはり先住民の暮らしに必要な大自然があり

聖なる場所として先住民に大事にされている場所でもあります。

ですが、約1年前からその聖なる場所を少しづつよそ者やメキシコ政府が侵略しているようです。

その為、La Ticlaの住民はよそ者に恐怖を覚え

その頃からキャンプサイトでガンを持った強盗がやってきたり

誘拐事件が発生したりとなかなか恐ろしい事件が頻繁におきているようです。
c0228101_3245241.jpg


なのでビビりな僕は今回はキャンプをあきらめ部屋をとりました。

そしてその安宿に何処からともなく噂を聞きつけた人達がものを売りに来たり

ただ話をしに来たりと色んなお客さんがたずねてきます♪

その中の1人、馬の鳴き声のような名前の「イヒン」が

先住民の所で暮らしていると教えてくれ

さっそく連れて行ってもらいシャーマンに会い

テメスカル言う儀式を経験出来る事になりました。

c0228101_445925.jpg


テメスカルとは最近はspaなんかでも経験出来るらしいですがサウナの様なシステムです。

でも僕たちが経験したのはspaなどでやっているサウナではなく

シャーマンとともに行う聖なる儀式です。

まず燃やす木を集めるため馬を連れて山の中入り

その後ビーチで石を集め、仕事が終わるとヤシの木に登り

ヤシの実をがぶ飲みして準備完了。

そして夜8時、いよいよ儀式の始まりです。

c0228101_349560.jpg


まずはじめに注意されることは

絶対にネガティブな事は考えるな♪っという事でした。

そして、まずは煙でカラダを浄化し、

ついにテメスカルの中へと入っていきます。

テメスカルの中には集めてきた石をすごく熱くしたものが入っていて

その周りの僕たちが座るところにはイイ匂いがする葉っぱが敷き詰められています。

c0228101_3553690.jpg


そしてシャーマンがこう始めるのです。

「あなた達は今聖なる母のおなかの中にいます。」

自分の手が見えないほど真っ暗でほんとにそんな気分になります。

そして水を石にかけ気温は一気に上昇し

フラフラになります。

その後歌を歌ったり、よくわからない言葉を繰り返したり

とにかく愉しい事をし、グッドバイブスをあつめます。

ですがその頃には熱すぎて思考はストップしかなり苦しいです。

それでもとにかくポジティブな事を考えつづけ

気がつけば聖なる4つの扉を開き

初めは4人いたテメスカルの中にはイヒンと二人なり、

僕は倒れるように横たわっていました。
c0228101_3382911.jpg


そして外にでるとすぐに布に包まり水をかぶり、

テメスカルの中で開いた物を閉じて行きます。

以上がテメスカルという儀式です。

少しきつかったですが、もう一度生まれたような感覚になれました。

ずーっと前からインディアンの暮らしや考え方にすごく興味があったので

La Ticlaで体験できてほんとによかったです。

別れ際にいつでも戻ってこい♪

っとおいしいシナモンティーをいただき最高にホットな時をいただきました。

c0228101_4233131.jpg


La Ticlaで学んだ事は宮崎の先輩達が教えてくれた事によく似ていて

とにかくどんな時でもグッドバイブスを仲間につけ、

いつでもポジティブに考えるという事でした。

そうしていると幸運はあなたの所へやってくる♪

そして力なく暗く過ごしていると何もあなたの所へはやってこない。

とにかく元気1番って事やと僕は想います♪

みなさんも少し試してみてください。

ため息や負け惜しみ、そして言い訳♪

そんな事は誰も聞きたくありません♪

嫌ならやめる♪やるなら一生懸命やるだけです♪

僕もそんな気持ちのいい男になりたいです♪

難しいけどみんなでチャレンジしましょう♪


ではではみなさん、これからはじまるエキサイティングな夏はすぐそこです♪

自分を解放しまったり愉しみましょう♪

いつも、いつもありがとうございます♪

みなさんの夏が今まで1番熱い夏になる事を祈っています。




                               VIVA♪




                     

                          
[PR]

by flypan-tree | 2010-06-08 04:54 | Trip

Pascuales

 

みなさん、 お久しぶりです♪

元気に過ごしていますか?

僕は少しづつ変わりながら元気にすごしてます。

c0228101_23454671.jpg


mexicoでbig wave pointは?

っと聞かれるとほぼ全員声をそろえてmexican pipeline

プエルトエスコンディードと答えるはずです♪

でも実はみんなが一番恐れてるブレイクは?

そうです、Pascuales「パスクアレス」なんです♪

c0228101_23561138.jpg


夜おそくに到着した僕たちは

真っ暗で何も見えない海から聞こえる地響きのような波音に

「ふーーーー♪」 とりあえず行けると思ったら明日ビックウェーブにチャージしてみよ

っとココロの中でつぶやいて、吐きそうになるぐらいドキドキしていました。

c0228101_012451.jpg


そしてテントを建て終わるころ。

「hey amigos 明日はでかくなるぜー」っと

Wave chasersのリケ、という男が話しかけてきた。

その後リケと話していると実は

僕たちはカリフォルニアのRINCONで一回話してるって事にきずき

しかも僕はwave chasersのステッカーまでもらっていた♪

そしてリケの仕事は世界を回るサーフフォトグラファー。

そして映像にハマっている、俺♪

「撮影について教えて」 僕

「いつでもおしえるぜ」 リケ

「じゃー明日」 僕

「明日はジェーミーオブライアンの撮影がはいってるからなー」 リケ

「俺も行く」 僕

「んーー? じゃ朝俺をみつけろ」リケ

「もちろん」 僕

c0228101_0345872.jpg


そして朝まだ辺りが薄暗いうちから待ち伏せ作戦を実行し

リケを捕まえ

「やろーぜ♪ 撮影♪」 僕

「hiroはどんなカメラ使ってるねん」 リケ

「こんなん」僕

「俺は今日はビデオとカメラ使う、サーフムービー用の撮影をする」リケ

「俺もそうする♪」 僕

そしてカメラの扱い方ズームのスピードや

どの位置にサーファーを映すのか、とか

波のボトムまでしっかり映しつつ少し空も入れる、とか

とにかくほんまに色んな事を学びました♪

c0228101_0533951.jpg


波はと言いますとまじで絶対入水不可能♪

ショアブレイクに近づくのも嫌♪

って感じです♪

ほぼ全員ジェットスタイルで有名なプロサーファーがいっぱい来てて

NOT FOR MEでした。

プロでも結構ひどいワイプアウトを食らい

ポキポキ板は折れるし、

撮影してる僕たちは

イェーィ とか オー♪ とか ノー♪ とか騒いでられるけど

海に入ってるサーファーやジェットの運転手はどんな気分なんやろー?

そしてたぶん僕にそれが分かる日はこないような気がする。

とにかく波のスピードも速くて、テイクオフも相当ハードで

入ってくるセットが全てパーフェクトにブレイクするわけでもなく

選んで乗らないとエラいことになります♪

c0228101_1172634.jpg


Pascualesに滞在してるのは、ほとんど男ばっかりで

気のきいたレストランなんかもなく。

あるのはめっちゃ美味い小さな食堂的な店と

永遠に続くようなヤシの木の畑。

そしてビックウェーブとハーブのみです。

リアルなサーフタウンとはここの事かも。

ってぐらい本気のサーファーしかいません。

c0228101_2521519.jpg


怖くて海に入れない僕は

約1週間ほどリケの手伝いをしながら、映像について毎日語り合い

毎日撮影を繰り返し、少しづつレベルアップをめざしました。

リケのほかに2人、カンクン出身のボディーボーダーが仲間に加わり

合計4人のチームを作り 海からの撮影と陸では2つのスポットから撮影し

共同作品をつくりました。そのシーンがbrian conley の

サーフムービーの1部になるので

また完成し発売されたら報告しますね♪

自分の名前がスクリーンや雑誌に出るってすごくうれしいです♪

そしてさらにやる気もでてきます。

c0228101_365312.jpg


僕たち4人は

「サーフィン大好き」

「現在、放浪中」

「貧乏」

っと共通するところが3つもあり

歳も近く、すぐに仲間になり、夜おそくまでリケの所で集まり

夢を吹かしながら真夜中の作戦会議を繰り返し、

サーファー達に自分で撮った映像を順調に売りつけ

それぞれ少しの間、飯ぐらいは食べれるお金をゲットし

それぞれの旅道へと向かって出発しました♪

そして僕は超格安で新しい仲間GOPROをゲットしました。

どこかでこのちょっと恥ずかしいシステムを装着してる

僕を見つけた人はぜひ話しかけてください♪

c0228101_353980.jpg


それにしてもなんでこんなにもその時に必要な存在が

僕の周りにいつも現れるのだろうか?

とにかくこれが1番、自分の好きな所です。

不思議です。 そして、誰に感謝すればいいのかわからないが

とにかく僕を幸運に産んでくれた両親や全てのエレメントに感謝です♪

c0228101_3443277.jpg


その後パスクアレスを出発した僕たちは

ネイティブ メキシカンが住む町 La Ticlaへと行ってきました。

また次回La Ticlaについて書こうと思います♪



久しぶりなのでながーくなってしまいました♪

ここまで辿り着いたみなさん♪

ありがとうございます♪


そして大阪支部予選第4位になったしゅんくん

おめでとうございます♪ リスペクトです♪


ではみなさん一生青春です♪

めんどくさがらずに外へあそびにいきましょー♪


c0228101_492792.jpg






                       自分次第でそこは天国にも地獄にもなれるんだ。

                       from big waver kyle♪
[PR]

by flypan-tree | 2010-06-05 04:12 | Surf